2006年 09月 04日
盲目のネコ その二
f0041465_23402389.jpg
とりあえず家にやってきた盲目の黒猫。最初は、家にあった乾燥ネコご飯をあげてみるも、全く反応せず。実は、この時一度元いた場所へ帰そうとしたのだ。ヒビキと一緒にその場所へ連れて行く。「じゃあまたね」と言って私たちが戻ろうとするとついてくる。どこまでもついてくる。・・・また家までついてきちゃった。・・・・・。
家の中に入れる。目が変。ていうか、見えてない。いろんなものにぶつかりながら歩く。歩き回る。
が、もう帰せないことが決定した。このまま元いた場所(道)に帰したら間違いなく車に轢かれてしまうだろう。
ネコは子猫だというのにすごく人なつっこく、私やひびきの膝に乗ろうとする。膝では飽きたらず、胸や肩にも乗ろうとする。
仕方がない。もうだめだ。拾ってしまったよ。久しぶりに。子猫を。しかも盲目の。
それからすぐに車を走らせ、ドラッグストアで猫缶と猫砂購入。(猫トイレは以前使ってたのがあるので)
その日はヤマシタがバンドの練習なので、夜はヒビキと二人になる。

長い夜が始まる。

つづく(めんどくさい)
[PR]

by gelpin | 2006-09-04 23:59 | くるくる


<< ボタンネコ      にせものフトイ >>